99%の人間が時間貧乏な人生を歩んでいる

こんにちは、矢野です。

 

今回は

「99%の人間が時間貧乏な人生を歩んでいる」

ということについてお伝えします。

 

私たち人間は1年で24時間365日を与えられています。

 

例えば、アメリカのラスベガスで生活している人も

アフリカのジャングルの中で生活している人も

日本で生活している人も

みんな同じ24時間365日を与えられています。

 

しかし、99%の人間が

人生の中で自由に使える時間が10%もない状況だと思います。

 

例えば、サラリーマンが

朝9時から夜の18時まで

1日9時間働き、通勤が往復2時間だとします。

 

平均するとだいたい6時間くらいの睡眠で

3食、食べると食事に2時間くらい使っているかと思います。

 

 

ここでざっくり計算して見ると

24時間ー9時間(労働時間)ー2時間(通勤時間)

ー6時間(睡眠時間)ー2時間(食事)=5時間

 

 

だいたい、平均して5時間は残っているかと思います。

 

でも、出かける準備をしたり、

お風呂に入ったり、しているので

残っても2、3時間になります。

 

そして、さらに、スマホでゲームしたり、

テレビを見たりしてると全く時間がない生活になってしまいます。

 

 

この状態が1年だと我慢できるのですが、

30年、40年と人生の5割〜8割を仕事に捧げることになります。

 

もちろん、家族との時間や幸せもあるかと思いますが、

年々時間がなくなっていくことになります。

 

子供ができたら、運動会とか、習い事をさせたり、

旅行にいったり一人の時間は90%なくなっていくかと思います。

 

何が言いたいかというと、たとえ若い人で時間貧乏になっている場合、

これから先はもっと時間貧乏になって

自分の時間を持てず、自分の好きなことは

何もできない生活になる可能性が高いということです。

 

 

では、どうすればいいのか、

動画にしましたので今、時間貧乏になっている方

もしくは、これから先の人生を時間に自由な生活を送りたい方は視聴することをオススメします。

 

 

あと、付け加えでいうと

社長や経営者でも時間貧乏になっている方も多いので

サラリーマンや勤めている方だけの話ではなく

人類すべての問題といっても過言ではないかと思います。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

矢野 周作 プロフィール



 

1991 年 6 月 10 日生まれ、AB 型。 
長崎県生まれ、熊本県熊本市内在住。
 
高校生の頃、当時、国立大学熊本大学に合格することが夢であったが赤点ギリギリの点数の科目があり現状のままでは合格するのは不可能と言われていた。そこから何も考えず目の前の勉強だけに集中し国立大学熊本大学に合格。
 
しかし、卒業後の進路について 2 年生の時に「10 年後、20 年後」を考え深く悩み、人間関係でもトラブルがあり軽度の人間不信になる。飲み会の朝帰りに暗い表情で仕事に向かうサラリーマンを見て将来の自分と照らし合わせ、「このまま暗い人生を歩みたくない」と強く思い、就職以外の道に進むことを決意。
 
大学3年生の頃、YouTubeの存在を知り、15分で作った簡単な動画で2ヶ月後に月収5万円を稼ぎ、「YouTubeの将来性」を感じる。2016年3月には月収50万円を達成。そこから作業する時間を徐々に減らして行き「週に1時間で月収30万円稼ぐノウハウ」を確立する。
 
 
現在では、YouTubeを使った集客やYouTuber育成のためのコミュニティー運営、コンサルタント、企業コンサルティングを行う。
 
「どれだけ時間をかけずに大きなリターンを得られる仕組みを作るか」をテーマに「アントレプレナー」として日々、ビジネスシーンに多大な影響を与えている。

矢野 周作公式メールマガジン

月別アーカイブ

PAGE TOP